始める前に知っておきたい信用取引の注意点

  • -

始める前に知っておきたい信用取引の注意点

信用取引には金利がかかる

株のトレードをする上で、信用取引でのトレードをした方がより取引を有利に進めることができる可能性が高くなります。しかし、信用取引には、通常の取引とは違う部分もありますから、信用取引を始める前に理解しておく必要があります。信用取引の注意点の一つとして、金利を挙げることができます。信用取引の場合、証券会社から資金や株券を借りて取引をすることになるので、当然無金利ではなく、金利を支払う必要があります。ですから、信用取引でトレードをする場合は、取引手数料と金利分がコストとしてかかってくるということになります。

信用取引では追証に注意

信用取引での取引においては、信用のために担保となる保証金を証券会社の口座に一定額預けている必要があります。多くの証券会社では、この保証金率を30パーセントと設定していますから、例えば、100万円分の株を買いたい場合は、100万円の30パーセントである30万円は少なくとも担保として口座に入れておく必要があります。もし、この額を下回ってしまうと、最低額である保証金がなくなってしまうので、追加で保証金を入れる必要性が出てきます。これを追証と呼びますが、追証を入れることができなければ、自動的に株が決済されてしまいますので注意が必要になってきます。

空売りは半年間の期限が定められている

信用取引であれば、株券を借りて売り、安くなったら買い戻して利益を得るという空売りができますが、この空売りの期間は半年と定られています。ですから、もしも空売りをした銘柄の株価が上がってしまったら、早めに損失を確定したほうが良いでしょう。いつか株価が下がっていると思っていると、ますます株価が上昇してしまって、高値で買い戻すことになり、大きな損失になってしまう可能性が高くなりますから注意が必要になってきます。

信用取引とは、現物のやり取りを伴わずに差金決済・保証金のやり取りによって行われる金融取引の事です。相場形成が為される市場において成立し、手持ち資金以上の取引を行える事が特徴です。