ゲームの専門学校!いったいどんなところ?

  • -

ゲームの専門学校!いったいどんなところ?

どんなことを学べる?

ゲームの専門学校は、ゲーム開発に関係する知識・技能を実践的に学べる場です。ゲーム開発の関係者を職種で分類すると、企画、グラフィックデザイナー、プログラマー、サウンド(作曲、デジタル環境での音響収録など)になります。営業や広報などの事務的な職種はゲーム専門学校の対象外です。ゲーム開発の現場は分業制が一般的なため、入学の時点で希望する職種を選び、別々のカリキュラムが設定されていることがめずらしくありません。

講師にはどんな人物がいるの?

ゲームの専門学校で講師を務めるのは、おもにゲーム開発会社の勤務経験を持つ人です。現役の開発会社社員が教壇に立つこともありますが、ゲストのような扱いになっている例が多いようです。ゲームとは無関係の、一般的なパソコン向けソフトの開発会社で勤務していた人もいます。そのほか、大学または大学院でプログラムやデザインを専攻していた人が講師になる場合もあります。企画立案についてのコースでは、作家などがゲスト講師として招かれる場合もあります。

卒業後の進路はどうなるの?

ゲームの専門学校ですから、当然卒業後はゲームソフト開発会社への就職が多く見られます。しかし、近年のゲーム業界は就職先として人気があるため、希望者全員が開発会社に就職できるとは限りません。そのため、ゲーム業界以外の企業へ就職する人もいますし、大学へ進学する人もいます。希望通りの就職先を見つけるには、志望先との相性もありますが、自習や復習などの個人的な努力も要求されます。学校の授業だけで満足せずに、希望するコースについてどんどん実践する積極性が必要になるかもしれません。

ゲームの専門学校で学ぶことは色々なコースに分かれているにで一概には言えませんが、プログラム関係の仕事以外にも色々あります。