ファイナンシャルプランナーの資格の活かし方3選!

  • -

ファイナンシャルプランナーの資格の活かし方3選!

まずはファイナンシャルプランナー資格を取ろう

ファイナンシャルプランナーという名前は以前に比べればよく聞くようになりました。資格を取ってみようと考えている人も増えてきているようです。代表的な試験としてはFP技能検定があり、3級から1級までグレードが分かれています。2級の受験資格は、一般的な場合3級に合格していることとなっていますので、まずは3級合格から目指すことになるでしょう。資格を活かすためには、まずはさっさと資格を取ってしまう必要があります。

企業内でFP資格を活かす

ファイナンシャルプランナーの資格を取得したあと、その資格をどう活かすかは、大きく分けると二つの方法があるでしょう。一つは会社員としてFPの勉強を通じて学んだことを仕事に活かしていく方法です。特に金融機関の社員であれば、窓口ので金融資産への投資相談や保険に関する相談でダイレクトに活かすことができるはずです。また、経済の仕組み等も勉強していますから、金融機関で仕事をしていなくても、ビジネスの力がアップしているはずですので仕事全般に役に立つかもしれません。

独立してFPとして事業をする

もちろん、資格を取得して独立してFP事業を行う活かし方もあるでしょう。FPの場合は、税理士や弁護士のようにその業務を規定する法律が存在していませんので、試験に合格していないくてもファイナンシャルプランナーと名乗ることはできます。しかし、ビジネスとしてやっていくのであれば、知識の面も信用の面からも資格取得は必須でしょう。会社員で活かす場合とは違い、事業経営者としてFPを活かすことになるため、より本人の自覚が求められることになるでしょう。

国際機関が承認しているcfpは、通常のファイナンシャルプランナーよりも難度が高い試験に合格することで得られる資格です。