外国為替の知識を増やしたい時は代表的な外貨を比較する!

  • -

外国為替の知識を増やしたい時は代表的な外貨を比較する!

外国為替の基本と多彩な外貨の種類

外国為替とは、いろいろな外貨同士の交換レートのことです。交換時の需給状況によって、刻々と交換レートが変化するため、交換のタイミングによっては得をしたり損をしたりすることがあるでしょう。交換の対象となる通貨は沢山あります。日本の自国通貨は日本円ですが、アメリカのドル、ヨーロッパのユーロが取引量が多く代表的な通貨でしょう。それ以外にも、イギリスのポンド、オーストラリアのオーストラリアドルなども有名です。

国債基軸通貨としてのアメリカドル

外国為替を知る上で外せないのがアメリカドルでしょう。なぜ外せないかというと、アメリカドルでの取引が世界中で盛んに行われているからです。また、ドルでないと支払いの受付をしてくれない原油のようなものがありますし、ゴールドの取引価格はアメリカドルがベースになっています。そのため、ドルが国債基軸通貨としての役割を果たしていると言われています。アメリカドルの価値の変動を時系列でおさえていくことが、為替を知る上で重要になるでしょう。

まだまだ不安定ながら代表通貨であるユーロ

アメリカドル以外の代表的な通貨をもう一つと挙げるとすればユーロでしょう。EUに加盟している国の多くはこのユーロを使っています。代表的な国はドイツ、フランス、イタリアといったところですが、経済危機で有名になったギリシャもこの通貨を使っています。多くの国が同じ通貨を使っているため、まだまだその通貨の信用が歴史的に証明されたとはいえないかもしれませんが、取引量や対象国の経済規模を考えると、ユーロの動きについても理解しておくことが為替動向を知る上で大切でしょう。

為替は24時間変動しているので、世界の情勢をしっかりと把握して取引を行うことで利益を上げることが出来ます。