Monthly Archives: 11月 2015

  • -

学生でもクレジットカードが持てるが審査の内容は?

学生は本人の収入はあまり考慮されない

社会人など、独り立ちしていると思われる人がクレジットカードを作る場合には、本人の収入面は審査対象です。これは頷けるのではないでしょうか?ただ、学生の場合は、そういう本来なら審査対象に入っていると思われる部分は審査されないことが多いです。それは学生自身に大した収入がないという理由もあれば、親と同居していたり、親が後ろ盾になっているケースも多くあり、学生自身が返済に困っても親がなんとかしてくれるという期待があるからですね。

クレジットカードを持っている枚数

これは現在持っているクレジットカードの枚数が多いと、それだけ支払いに困るのではないか?という業者側の考えがあるでしょう。したがって、すでに何枚も持っているのに、追加で作ろうとする場合には、それが審査に影響してしまいますから、あまり多くを作ろうとしても、それだけ審査に通りづらくなってしまいます。したがって、必要に応じてクレジットカードを複数枚持つのは良いでしょうけど、過剰に多く作ったりすると、それだけ返済に困る可能性が出てきたり、審査自体に通らない可能性もあるのです。

過去に支払いで問題を起こしていないか?

例えば、携帯電話を分割で購入していたり、毎月の利用料金を払う場合に、支払いが遅れてはいけません。もし遅れていたりすると、その情報は実はクレジットカードの会社には分かってしまい、過去に支払い遅延があったと分かれば、それはクレジットカードでも同様のことがあるのではないか?と思われてしまうかもしれません。したがって、そういうことにならないように、クレジットカードの審査とはあまり関係ないと思われているかもしれませんが、そういうお金に関する信用はきちんと担保できるように日頃から考えていきましょう。

便利な会社ですで決済代行できます。初めての方でも安心です。手続きも簡単です。価格も安くて安心です。すぐにできます。


  • -

夢をかなえるために様々な道がある!教員免許の取得方法

教員免許を取得する一番基本的な方法とは

教員免許を取る一番基本的な方法は、大学に編入学し、定められた所定の単位を修得するという過程です。中でも、主に大学4年時に行われる教育実習は、教員になるための最終的な実践試験と言っても過言ではありません。期間は1ヵ月に満たない場合が多く、短いものですが、そこで経験する様々な実践的な訓練は将来教員になるためのノウハウがたくさん詰まっており、本格的に教員を目指すためのワンステップとなるほか、自分にこの職業が本当に向いているか判断を下すためのものとなっています。訓練ではありますが、もちろん派遣先の学校にも迷惑をかけることのないよう、社会人的な振る舞いも求められます。

学生時に教員免許を取得するためのその他の方法

大学入学後に教員免許を取りたいと思った時の道も存在します。免許が取れない学科に在籍している場合は、それまでの取得単位の問題はありますが、学校側と相談の上教員免許関係の単位が取得できる学科に転籍が可能ですし、異なる校種の免許(小学校免許がとりたいのに中学校・高校の免許しか取れない場合など)を取りたいと思う時にも同様の手続きが可能です。また、大学院在籍の学生が教員免許をとろうと思った時は、多少の遠回りをしなければならない可能性があります。大学院は研究をする場であり、教員免許を取るために入るところではないからです。普通の過程で取ろうと思う時の倍以上の労力をかけなければいけませんが、全く不可能というわけではないので、強い意志を持って取り組めば取得への道も見えてきます。

社会人が教員免許を取りたいと思った時の方法

大学を卒業し、社会人になった後でも教員免許を取得できる道は存在します。大学に編入学して所定の単位を取得する方法もありますが、より一般的なのが通信制の大学を利用するというものです。学習する場所や時間の制約が無いので、働きながら取得を目指すには好都合なものとなっています。ただし、2年目以降に教育実習という科目が待っているので、仕事に関してある程度の休みを取れるような環境が無ければ取得は難しいものになります。以上見てきたように、教員免許は大学在籍時に通常のルートを通じて取得する他、様々な方法がありますが、時間の問題などからやや難しいものとなっています。それでも、うまく調整をとり、さらに教員になりたいという強い意志があれば決して実現不可能な夢ではないでしょう。

教員募集には正規雇用の試験があります。しかし、非常勤講師として雇用をする形態もあります。私立の学校の募集もあるのです。


  • -

FXの証券会社選びの賢いチェック項目を3点選びました

スプレッドの狭さを比較しましょう

FXで短期取引をするのであればスプレッドは気になりますよね。どの証券会社もスプレッドは狭くなってきていますが、主要通貨しか宣伝していません。主要通貨しか取引しないのであれば問題ありませんが、本格的に参戦したいのであれば他の通貨も必ずチェックしましょう。特にスキャルピングを考えている人は大事な問題になってきます。またスプレッドと合わせてチェックしておきたいのが約定率です。せっかく狭いスプレッドでも約定しなければ意味がありませんからね。

注文プラットフォームとチャートは重要です!

注文プラットフォームとチャートソフトのパフォーマンスの高さは極めて重要です。見にくいプラットフォームだと注文ミスしてしまいそうですからね。ホームページにイメージが乗っていますのでそれを参考にすればまず間違いはありません。チャートも重要でパソコンで取引する時は他社のチャートと比べて使いやすくて操作性のいい方を使えばいいのですが、外出中に携帯端末から取引をする際にはそのような器用なことは出来ませんからね。

キャンペーンをしている証券会社はお得

証券会社には契約時の報酬と契約後の報酬があります。契約時の報酬というは口座を開設して指定された最低金額を入金し、一定の期間内に最低限の取引をすればキャッシュバックしてくれるというものです。多いところで2万円ぐらいもらえるので取引で損失を出していなければちょっとしお小遣いになりますよ。ただそれよりお勧めなのは契約後の報酬の良い証券会社です。キャンペーンを定期的に行っていて条件をクリアすると商品が貰えます。その商品というのがグルメというところが多く季節に合わせたものを商品にしていますので結構魅力的です。口座を作る際にはキャンペーンを定期的にやっている会社をホームページで確認してみましょう。

FXの大きなメリットといえば、やはりスマートフォン一つで空いた時間にいつでもどこでもできるということです。


  • -

重要!弁護士に依頼する前に知っておきたいこと

まずは無料相談を活用する

日常生活でトラブルが発生した場合は、弁護士に相談する必要性も出て来ます。その場合は、まず最初に無料相談を利用するようにしたいです。有料相談の場合は30分5千円や1時間1万円などの費用負担が発生します。しかしその費用相当の効果を得られるかは不明です。弁護士との相性も有りますので、折角安くない費用を支払ったとしても無駄になってしまう場合があります。また相談する側が上手く相談内容を伝えられないことによって、明確な解決法を得られない恐れもあります。無料相談でしたら費用をかけずに弁護士との相性を見極めることも出来ますし、弁護士に相談することの経験を積むことが出来ます。

法テラスの立替制度を利用する

いざ弁護士に依頼したいと思っても、金銭的に余裕が無く報酬を支払えなければ、依頼を断念せざるを得なくなってしまいます。しかし法テラスの立替制度を利用すれば、報酬を支払う余裕が無くても弁護士に依頼することが可能です。立替制度を利用するには要件があり、一定の資力基準を満たしていることや、勝訴の見込みがあることなどが必要となります。この制度はあくまでも立替えですので、毎月5千円から1万円程度を返済して行くことになりますので、一定額以上の資力が必要となります。

正式依頼した際の弁護士費用について

弁護士に支払う費用には、様々あります。まずは契約した時点で支払う費用に着手金があります。この着手金は、事件の解決の成否にかかわらず支払う必要があります。次に事件が解決出来た場合には成功報酬を支払います。着手金と成功報酬が弁護士に支払う主な費用となりますが、その他にも交通費や印紙代など紛争解決の為にかかった実費を支払う必要もあります。内訳が細かく分かれていますので、契約する際には弁護士費用についてはきちんと確認することが大切です。

鹿児島の弁護士へ相談することで、専門家ならではのアドバイスを受けられるため、様々な悩み事の解決に役立ちます。


  • -

ゲームの専門学校!いったいどんなところ?

どんなことを学べる?

ゲームの専門学校は、ゲーム開発に関係する知識・技能を実践的に学べる場です。ゲーム開発の関係者を職種で分類すると、企画、グラフィックデザイナー、プログラマー、サウンド(作曲、デジタル環境での音響収録など)になります。営業や広報などの事務的な職種はゲーム専門学校の対象外です。ゲーム開発の現場は分業制が一般的なため、入学の時点で希望する職種を選び、別々のカリキュラムが設定されていることがめずらしくありません。

講師にはどんな人物がいるの?

ゲームの専門学校で講師を務めるのは、おもにゲーム開発会社の勤務経験を持つ人です。現役の開発会社社員が教壇に立つこともありますが、ゲストのような扱いになっている例が多いようです。ゲームとは無関係の、一般的なパソコン向けソフトの開発会社で勤務していた人もいます。そのほか、大学または大学院でプログラムやデザインを専攻していた人が講師になる場合もあります。企画立案についてのコースでは、作家などがゲスト講師として招かれる場合もあります。

卒業後の進路はどうなるの?

ゲームの専門学校ですから、当然卒業後はゲームソフト開発会社への就職が多く見られます。しかし、近年のゲーム業界は就職先として人気があるため、希望者全員が開発会社に就職できるとは限りません。そのため、ゲーム業界以外の企業へ就職する人もいますし、大学へ進学する人もいます。希望通りの就職先を見つけるには、志望先との相性もありますが、自習や復習などの個人的な努力も要求されます。学校の授業だけで満足せずに、希望するコースについてどんどん実践する積極性が必要になるかもしれません。

ゲームの専門学校で学ぶことは色々なコースに分かれているにで一概には言えませんが、プログラム関係の仕事以外にも色々あります。


  • -

ご自身が住んでいる住宅に合わせた火災保険の選び方

火災保険の支払い対象の事由は

火災保険は火事だけでなく、落雷や破裂・爆発、盗難、台風などの風水害で罹災した場合にも支払われます。火災保険の保障対象は建物と家財に分かれているため、持ち家の方は両方に加入しておくことが大切です。賃貸アパートや賃貸マンションの方は家財の保障はもちろんですが貸主である大家に対しての借家人賠償部分についてもしっかり加入しておくことが大切です。また地震時の保障は火災保険では対象にならないため、地震保険への加入が必要となります。

ニーズに合わせて保障を選択

戸建て住宅の方は火事・台風など幅広いリスクがありますが、他人からの水漏れの危険性はありません。一方マンション等の集合住宅にお住まいの方は、上部の階からの水漏れのリスクはありますが、台風などの被害には遭いづらくなります。そこで火災保険では火災時の保障をベースにして、自分のリスクにあった保障を選択することができます。保障される範囲を制限することで保険料を節約することができるため、自分のニーズに合った保障を選ぶことが大切です。

特約で万一の事故をカバー

火災保険に特約を付帯することでリスクに対する備えが充実します。例えば自分が火事を起こしてしまい隣家に対して火が燃え移ってしまった際に賠償するための「類焼特約」、日常生活で法律上の賠償事故を起こしてしまった際の「個人賠償特約」、自分の家で誤って家を傷つけてしまった際に修理費が保障される特約など様々あります。年配の方や小さなお子様がいらっしゃるご家庭は、日常生活の中で思わぬ損害を引き起こしてしまうこともあるためこれらの特約の付帯がおすすめです。

火災保険の保険料は基本的に月払いとなっていますが、年払いや一括払いをすることで、月払いよりも割安な保険料となります。


  • -

始める前に知っておきたい信用取引の注意点

信用取引には金利がかかる

株のトレードをする上で、信用取引でのトレードをした方がより取引を有利に進めることができる可能性が高くなります。しかし、信用取引には、通常の取引とは違う部分もありますから、信用取引を始める前に理解しておく必要があります。信用取引の注意点の一つとして、金利を挙げることができます。信用取引の場合、証券会社から資金や株券を借りて取引をすることになるので、当然無金利ではなく、金利を支払う必要があります。ですから、信用取引でトレードをする場合は、取引手数料と金利分がコストとしてかかってくるということになります。

信用取引では追証に注意

信用取引での取引においては、信用のために担保となる保証金を証券会社の口座に一定額預けている必要があります。多くの証券会社では、この保証金率を30パーセントと設定していますから、例えば、100万円分の株を買いたい場合は、100万円の30パーセントである30万円は少なくとも担保として口座に入れておく必要があります。もし、この額を下回ってしまうと、最低額である保証金がなくなってしまうので、追加で保証金を入れる必要性が出てきます。これを追証と呼びますが、追証を入れることができなければ、自動的に株が決済されてしまいますので注意が必要になってきます。

空売りは半年間の期限が定められている

信用取引であれば、株券を借りて売り、安くなったら買い戻して利益を得るという空売りができますが、この空売りの期間は半年と定られています。ですから、もしも空売りをした銘柄の株価が上がってしまったら、早めに損失を確定したほうが良いでしょう。いつか株価が下がっていると思っていると、ますます株価が上昇してしまって、高値で買い戻すことになり、大きな損失になってしまう可能性が高くなりますから注意が必要になってきます。

信用取引とは、現物のやり取りを伴わずに差金決済・保証金のやり取りによって行われる金融取引の事です。相場形成が為される市場において成立し、手持ち資金以上の取引を行える事が特徴です。