Monthly Archives: 3月 2016

  • -

やり方を考えよう!資格取得の為の勉強方法について

資格取得はビジネスに生きる

資格取得を行う事で、やはりそれなりに知識を広めて対応が出来る事はお客さんにとっても心強く感じる部分は多い様です。資格取得では、まずは取引先に与える印象だけでなく、会社内でも知識を持っている人はそれだけ頼りになる状況と言えます。そこで資格取得がビジネスに役立つ事としても、色々な所でその知識を役立てて仕事が出来ると言った所も、多くの方々をサポートしていく意味でもやはり重要なファクターとして考えて行く事が出来るでしょう。

資格の取得方法に関して

資格の取得方法は、それぞれの資格が試験を年に数回開催してあり、そこで受験を行って国家資格など認定してもらう事となります。勉強の方法としても、過去の出題形式の問題集を一度自分なりに理解していく事から始めて、どう言った状況で理屈的に回等がこうなっているのかなども考えて行く必要があります。そこを踏まえてより良い形で対応して行けば、やはり資格の取得も色々な判断の基でそれに合わせた勉強も行っていく必要がある様ですよ。

資格取得を行うタイミングなど

資格取得も、一年に数回のチャンスがある資格であればまずはその目標に向けて勉強を行う必要があります。まずはこうした資格取得を目指していく流れとして、やはり勉強を行う状況からも知識を徐々に広めていく事でやはり資格も役立つものがしっかりと身に付く事となります。こうした考え方として、やはり勉強などで知識を広めていく状況となれば資格取得のチャンスもしっかりと考えて、タイミングなどで勉強も合わせて行う必要があるでしょう。

社労士の講座を受けたいと希望している方はとても多いです。通信教育を利用すれば、働きながら学ぶことができます。


  • -

仕事をしている人が税理士を目指す場合の勉強法のポイント3選

予備校を利用するなら映像の授業で

税理士は難関の資格なので、予備校で授業を受けるというのも自然な行動になります。しかし、会社で働いていると、労働時間はその日によって変わる可能性もあります。仕事がまず優先でしょうから、予備校に通えたり、通えなかったりという中途半端な利用になりがちな場合もあるのです。したがって、今は自宅のパソコンなどから授業を見て、それで勉強できるような予備校がありますから、そういうところに申し込んで授業を受けた方が、不規則な生活リズムにより対応しやすいです。家の中から映像で授業を見られるならば、遅く帰ってきたりしても問題は起きませんから。

少ない時間を有効活用する

税理士の資格を取得するまでに時間をかけていいというならば、ペースはゆっくりでも良いですが、できるだけすぐに合格をしたいのであれば、空いた時間を有効に使うというのも1つの手です。電車の中で高校生とかが教科書や参考書を開いて読んでいるシーンを見ると思いますが、それと同じように社会人も電車の中のわずかな時間でも無駄にしないで勉強していくという姿勢が大事ですね。ただでさえ仕事に時間をとられがちなので、空いた時間は本当に貴重になりますから。

受かりやすい科目から優先的に勉強する

税理士の資格試験は複数の科目がありますけど、一気に全部受からないといけないわけではないので、少しずつ合格していけば大丈夫です。仕事をしながらの方はどうしても使える時間が少ないので、焦りがちになることもあります。そこで財務諸表論や事業税など、相対的に簡単な科目がありますから、そういった科目を選択して先に取り組んで合格すると、合格しないといけない科目が減って心にゆとりができると思いますね。そして、先に簡単な科目をやって合格しておくと、その勉強をしたときに、税理士の資格試験に必要な科目の勉強の仕方のコツが掴めてくる可能性もあります。それを残りの相対的に難しい科目を勉強するときに生かすと、結果的に税理士の資格取得が早くなる可能性もあります。

税理士の講座では試験に不合格したとしても同じ講習を無料で受ける制度を設けているので安心して受講できます。


  • -

就職に有利な国家資格である宅建を取得する

宅建とはどんな資格なのか

宅建とは宅地建物取引主任者という資格の略称で不動産取引をする際に必要な知識が必要とされる資格です。この資格は年に一度資格試験が行われていて人気のある国家資格です。難易度としては国家資格の中では中位に位置していて決して少し勉強すれば簡単に合格できるものではありません。しかし極端に資格取得するのが難しい資格という訳ではないので、自分で計画的にしっかり勉強をして試験に臨む事ができれば合格する事ができます。

宅建を合格するまでの勉強

宅建の勉強法を考えた時難易度として司法試験や公認会計士ほど難易度が高いわけではないので、絶対に学校などに通って講師に教えてもらう必要はありません。宅建の教材は多くの種類があるので、その中から自分が勉強しやすい教材を選んで独学で勉強するのも一つの勉強法です。しかし重要なポイントなどが自分では絞り切れない場合などは過去の受験者にも講義をした事がある講師の授業を受ける事で勉強が効率化する事もあるので、自身に合わせて方法を決めるのが良いです。

宅建は就職に有利になる

就職に有利とされている資格は他にもありますが、宅建は特に就職に有利な資格と言えます。不動産取引をする事務所では5人に1人以上はこの宅建の資格を取得していなくてはならないという規定があります。その為不動産を取り扱う企業などでは常にこの資格の取得者を確保しなくてはなりません。その為就職活動時に資格がなくても実務の中で覚えればまったく問題なものと違って資格の有無を問われるので資格取得者は非常に有利になります。

宅建の講座を利用すれば効率的に試験の対策も行えるので、合格を目指したい場合には受講をしてみる価値はあります。


  • -

どうせ取るなら転職に有利な資格を努力して取ろう

終身雇用制が崩れつつあるからこそ

資格ってわりと簡単に取れるれるものもありますよね。基準があってないようなもので、しゃかりきになって努力しなくてもなんとなく取れてしまうものーー例えば出席率が何より大事な要素の・・・そう、高卒資格とか大卒資格ってケースバイケースではありますが、比較的取りやすいものではあるでしょう。でもこれって新卒で入社するときは結構大事な資格です。ただ、新卒入社した組織にずっといられるものでもない世の中になってきましたから、転職するときのことも考えたほうがいいですね。資格を取る上では。

転職は実力勝負で専門資格がものを言う

転職って中途採用する企業があってこそのものだから、そうした企業が何を求めて新卒じゃなく中途採用をするのか考えなくてはならないですね。それは即ち即戦力です。営業職とかなら面接でわかるでしょうけど、専門職だと資格がものを言うでしょう。資格があって初めて面接までたどり着けるってケースも結構あるようです。営業職や専門職でなければ、別に新卒でもかまわないでしょうし、もともと日本って新卒を欲しがる社会ですよね。あってよかった資格って言ったら専門職のってことになるでしょう。

国家資格は一生ものです

転職しなければいい、といえばたしかにそうなんですけど、転職率って上がってますよね。新卒入社した社員がかなりの割合で、短期間に退職してるようですし。高校や大学の卒業資格だけで足りるのは新卒入社のときだけ、と割り切ってあらかじめ専門職の資格を取っておくのがいいんじゃないでしょうか。国家資格って基準がはっきりしていて、一定レベル以上の実力は保証されてるわけだから、信用されますよ。転職の時は特に有利になることが期待できるんじゃないでしょうか。

中小企業診断士の講座を受ける事によって、試験に対しての専門的な勉強が出来ますので、確実に合格をする事が可能です。


  • -

自己破産をする時に最低限知っておきたいこととは?

どういう時に自己破産をするのか

カードローンやキャッシングでお金を借りた場合、あるいは住宅ローンを組んだ場合に何らかの理由で途中でお金が払えなくなることがありますね。1回程度の遅延の場合は催促が来るだけですが、何ヶ月も遅延すると大きな問題になってしまいますね。もし、継続的な収入があるけども今すぐは払えないという場合には任意整理や個人再生をすることで債務の返済を遅らせたり債務の減額をしたりすることができます。ですが、今後支払いの可能性がなければ自己破産をするしかありません。

自己破産をしたらどうなる?

では、自己破産をしたらどうなるでしょうか。まず、自己破産は裁判所を通じて行う物ですので、裁判所に提出する書類が増えますね。ただ、自己破産をする場合は普通弁護士を通じて行うでしょうから、弁護士を雇うのであれば問題ありません。次に、資格を有する職業に就くことができなくなると言う制限があります。たとえば、薬剤師や行政書士・社労士などです。警備員も資格を必要とする仕事のみができなくなりますので注意したいところです。

自己破産をするとお金は借りられない?

では、自己破産をするとその後お金を借りることができないのでしょうか。中には一度自己破産をすると人生が終了すると考えているネガティブな人もいますね。ですが、そのようなことはありません。自己破産をすると7年ぐらいはブラックリストに載ります。当然その間は貸金会社や銀行からお金を借りることはできなくなります。ですが、7年ほどが経過するとブラックリストから名前が消えますので、それ以降はお金を借りることが可能になります。

自己破産を検討している場合、弁護士へ相談することで有益なアドバイスが受けられる他、手続きもスムーズに進められます。