どうせ取るなら転職に有利な資格を努力して取ろう

  • -

どうせ取るなら転職に有利な資格を努力して取ろう

終身雇用制が崩れつつあるからこそ

資格ってわりと簡単に取れるれるものもありますよね。基準があってないようなもので、しゃかりきになって努力しなくてもなんとなく取れてしまうものーー例えば出席率が何より大事な要素の・・・そう、高卒資格とか大卒資格ってケースバイケースではありますが、比較的取りやすいものではあるでしょう。でもこれって新卒で入社するときは結構大事な資格です。ただ、新卒入社した組織にずっといられるものでもない世の中になってきましたから、転職するときのことも考えたほうがいいですね。資格を取る上では。

転職は実力勝負で専門資格がものを言う

転職って中途採用する企業があってこそのものだから、そうした企業が何を求めて新卒じゃなく中途採用をするのか考えなくてはならないですね。それは即ち即戦力です。営業職とかなら面接でわかるでしょうけど、専門職だと資格がものを言うでしょう。資格があって初めて面接までたどり着けるってケースも結構あるようです。営業職や専門職でなければ、別に新卒でもかまわないでしょうし、もともと日本って新卒を欲しがる社会ですよね。あってよかった資格って言ったら専門職のってことになるでしょう。

国家資格は一生ものです

転職しなければいい、といえばたしかにそうなんですけど、転職率って上がってますよね。新卒入社した社員がかなりの割合で、短期間に退職してるようですし。高校や大学の卒業資格だけで足りるのは新卒入社のときだけ、と割り切ってあらかじめ専門職の資格を取っておくのがいいんじゃないでしょうか。国家資格って基準がはっきりしていて、一定レベル以上の実力は保証されてるわけだから、信用されますよ。転職の時は特に有利になることが期待できるんじゃないでしょうか。

中小企業診断士の講座を受ける事によって、試験に対しての専門的な勉強が出来ますので、確実に合格をする事が可能です。