就職に有利な国家資格である宅建を取得する

  • -

就職に有利な国家資格である宅建を取得する

宅建とはどんな資格なのか

宅建とは宅地建物取引主任者という資格の略称で不動産取引をする際に必要な知識が必要とされる資格です。この資格は年に一度資格試験が行われていて人気のある国家資格です。難易度としては国家資格の中では中位に位置していて決して少し勉強すれば簡単に合格できるものではありません。しかし極端に資格取得するのが難しい資格という訳ではないので、自分で計画的にしっかり勉強をして試験に臨む事ができれば合格する事ができます。

宅建を合格するまでの勉強

宅建の勉強法を考えた時難易度として司法試験や公認会計士ほど難易度が高いわけではないので、絶対に学校などに通って講師に教えてもらう必要はありません。宅建の教材は多くの種類があるので、その中から自分が勉強しやすい教材を選んで独学で勉強するのも一つの勉強法です。しかし重要なポイントなどが自分では絞り切れない場合などは過去の受験者にも講義をした事がある講師の授業を受ける事で勉強が効率化する事もあるので、自身に合わせて方法を決めるのが良いです。

宅建は就職に有利になる

就職に有利とされている資格は他にもありますが、宅建は特に就職に有利な資格と言えます。不動産取引をする事務所では5人に1人以上はこの宅建の資格を取得していなくてはならないという規定があります。その為不動産を取り扱う企業などでは常にこの資格の取得者を確保しなくてはなりません。その為就職活動時に資格がなくても実務の中で覚えればまったく問題なものと違って資格の有無を問われるので資格取得者は非常に有利になります。

宅建の講座を利用すれば効率的に試験の対策も行えるので、合格を目指したい場合には受講をしてみる価値はあります。